収納できる内容量

化粧品

美容師であったり、メイキャップアーティストなどが愛用するのがメイクボックスで、プロ仕様となるタイプも販売されていますから個人も購入可能です。その特徴は、大型で沢山のメイク道具をまとめて収納できる内容量にあります。持ち運びできる形状、据え置き型の2種類がありますが、収納できる内容は、口紅やファンデーションなどのメイク道具の他、プロ仕様ですから基礎化粧品からヘアスプレー、ドライヤーまでが収納できる仕様です。王道となるタイプは、中央から開ければ、左右にセパレートするので、収納したメイク道具が一目で分かります。現場使用を想定しているので、個人が購入するならば、自分のメイク道具の量に合わせたサイズを選びましょう。

高級感ある素材や鏡付き

基礎化粧品

美容系のプロが愛用するメイクボックスには、様々なメイク道具、コスメ、ヘアアイテムが収納されています。そして取り出しやすさがあります。素材で人気となるのは、高級感のある合皮レザーですが、ヘアオイルはもちろん、化粧品には油分が多く、使い込むうちにシミになりがちです。もちろん、汚れ防止の加工、ドライヤーやアイロンなどによる耐熱加工された機能性で選ばれています。スライド式トレーであったり、サイドにスキンケアボトルやヘアスプレーの缶を立てて収納できるポケット付きのメイクボックスは人気高となっています。蓋を開ければ鏡がセットになっていて、角度も変更できたり、拡大鏡になったタイプは、目元などのポイントメイクにも手鏡を不要とするために人気です。

一連した流れで身支度

化粧品のイラスト

プロ仕様のメイクボックスは、使用するシーンによって選ばれています。メイクボックスを持つのは美容師やメイキャップアーティストですし、メイクボックスの置き場は必然的に施術台です。個人の場合には、卓上にのるコンパクトで軽量タイプが選ばれています。メイクをスタートするまでの時間を短縮してサッと始めるにも、しっかり準備ができた状態が常にキープされています。ボトルもボトル入れがあり、中で転がってしまうこともありませんから液こぼれも心配ありません。高さがあるので、ヘアブラシやスキンケアボトルなどもまとめて収納できることも人気のようです。また、美意識の高い女性は、細々としたメイク道具やコスメを沢山持っています。ボックスが広がるタイプが人気で、何がどこにあるのか一目瞭然です。身支度をするにも、女性の場合にはヘアスタイルから作り込むのが一般的ですから、ヘアブラシやドライヤー、ヘアワックスなどから、スキンケアアイテム、メイク用の小物がすべて分類して収納できるタイプが人気になっています。『これさえあれば』というように、流れるような身支度ができる収納性が人気を集めています。

広告募集中